貴人点と貴人清次

今週のお稽古は貴人点の薄茶点前をお願いしました。

その後に姉弟子が貴人点の濃茶点前をお稽古なさったので私が貴人役をさせていただきました。

先生が「お茶のお稽古では貴人にもなれるんだから面白いですね」とおっしゃったのでクスリと笑わせていただきました。

そして質問が。

「貴人清次では道具を下げた後一礼しますがどうしてですか?」

貴人点では一礼はなしです。

正直、私は貴人点と貴人清次の違いが整理されていませんでした。

貴人点は亭主が半東を用意しています。

貴人清次は貴人が御付きを用意しています。

清次の「清」は貴人を、「次」はお付きの人を指します。

貴人清次ではお道具を下げたときに席にはお客様しか残らないので、お客様のお相手ができないので申し訳ないという気持ちを表すために一礼するということでした。

なるほど・・・



今週の茶花。

シャムの舞姫

やぶらん

花入れは瓢(ひさご)