人を思いやるということ

お茶の目的、といいますか目標と言いますか

主旨の一つに「和敬」があります。

お互いを敬うということです。

 

実は私の心の中は これがちっとも出来ていません。

すぐに「自分が正しい」と思ってしまうので。

でもこの考えは自分自身を追い込んでしまうこともあります。

 

そんな私もお茶のお稽古で席に入ると

「正しさ」よりも「相手を思いやる」ことに気をとられます。

私のヘタなお点前に付き合ってくれてありがとう、ですとか

御湯加減はどうであるか、ですとか

茶花の会話になったらどうお話ししよう、ですとか

お相手あっての このお点前ということが分かります。

 

この思いやりを日常に生かしたい、ですが

なかなか道のりは厳しいです。