淡交

裏千家の月刊誌「淡交」

淡交とは”薄く交わること”。

それだけですと「ふーん」で終わってしまいますが

先生のお話によると

薄く交わること=深く付き合わないこと でお付き合いを長いものにする

ということのようです。

人付き合いでも、お稽古事でも

始めの頃は気合が入っているから力が入ってやり過ぎてしまい

すぐに疲れてしまい途切れてしまうこと、ありますよね。

そうではなく、力を抜いてながーく続けていきましょう、ということでしょうか。

 



妹弟子が盆略点前をするときに

先生がご用意くださった瓶掛け。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です