茶道ことば

お点前の最中に問答を行います。

私がいつも出てこない言葉は「いずれの○○で?」

どうしても「どちらの」という言葉が出てきてしまうんです。

「いずれの」との表現は茶道ことばのようです。

 

若いころでしたらどちらでもいいのでは?と

気にも留めないと思います。

しかし茶の道に入ったからには

このような言葉遣いを身につけたい!

 

何度も言葉に出して

自然と口から出てくるよう呪文のように唱えようかしらん。

 

下のお写真のお道具の設(しつら)えは妹弟子の貴人清次のお点前。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です