わくわく観月ミニ茶会

えーと、現在当教室では火曜・水曜とお茶のお稽古があります。

それで、曜日が違うとあまり会う事もないので
交流を深めようと「わくわく観月ミニ茶会」を企画しました!

この日は旧暦の9月14日で、13夜と15夜の間というなんとも半端な日(笑)
「十三夜に曇りなし」という言葉通り、とても良い天気でした。

本格的な野点てではなく、うんと簡略的にしました。ちょっとピクニックに近い感じです(笑)
那覇市内の近所の公園で最初にみんなでお弁当をいただきました。
近所の公園でお弁当をいただく
お弁当に付いているお手ふきは、食後のお茶の亭主を決めるくじでした。
お手ふきの裏に「亭」の文字がある人が亭主です。

めでたく亭主になった人が、食後のお茶を点てます。盆略点前でやりました。
盆略点前
客は2~3人にして、交代で亭主を努めます。
公園で盆略点前
2席目は先生は後ろに下がって、肩を揉ませてました(笑)
お茶をいただく
交代で亭主を務める
交代で亭主を務める
夜に月を見ながらいただくお茶はとても美味しく感じました。
交代で亭主を務める
用意したお菓子は四季彩の白雲です。
四季彩 白雲
外は求肥で中には豆がゴロゴロ入っておりました。
十五夜の月を芋名月と呼ぶのに対し、十三夜の月は豆名月と呼ぶそうです。

この季節、雲海も綺麗に見えているようですね。何日か前のニュースで見ました。

初めての試みでしたので、反省点も見えたのですが楽しくみんなで遊べました。

次回はお茶だけじゃなくて、お花の生徒さんも交えて
松原社中全員で遊べるような何かをまた企画していきたいと思います。

沖縄も夜は少し肌寒くなり、少し物悲しい秋の雰囲気を漫喫できました!
十三夜の月
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

1件のコメント

  1. 趣があってとても楽しかったですね!

    またお願いします(^^)

ただいまコメントは受け付けていません。