本日のお菓子(風流堂 路芝)

風流堂の路芝

風流堂の「路芝(みちしば)」です。(画像クリックで拡大)

路芝とは道ばたの草という意味で、春先に草に積もった雪が解けていくのを表現してるそうです。

表面の白い部分は求肥で一緒に白ゴマが入っていました。
綺麗な緑はインゲン豆の餡で、ほのかな甘さが絶妙でした。

風流堂のイメージは雪解けの頃とありましたが
ここ沖縄ではその風景を見る事はできません。

けど、今頃の季節であれば・・・白露!これなら沖縄でも見る事ができます。
なので勝手にイメージを雪解けから白露に変更!(笑

緑の草に降りた真っ白な露がとても秋のさわやかさを感じさせます。
このお菓子から、朝夕の涼しい風が吹いてきました。

ケーキやチョコも好きだけど、こうやって季節や情景を感じ、
”食べる”という事意外でも味わう事ができる和菓子はやっぱりいいなぁ~と思います。