茶室に似合わぬ美人が席入り

稽古の合間、先生が少し席を外し美人と一緒に戻って来ました。

その美人はこちら(クリックで拡大)
月下美人

はい、月下美人です。

庭に咲いていた月下美人。

一日しか咲かない、朝にはしぼんでしまう命なので、茶花には合わないけれど

みんなで見た方がいいだろうということで先生が摘んできました。

花入れには入れず、菓子器に水を張って花を浮かべました。(クリックで拡大)
壷屋焼と月下美人

写真が下手っぴで分かりにくいですが、壷屋焼と月下美人の色合いが絶妙でした。

明日の朝、お稽古の人達が来る頃にはしぼんでしまっているんですねぇ。

そこは夜の稽古である私達だけの贅沢。ラッキーでした。

うーん、美人薄命。

はっ!

気が付けば、今回の記事って稽古と全然関係なかった(笑)