正しいおじぎ

茶道は、「衣・食・住」すべての文化が揃っています。

というと、初心者の方にはまた少しハードルが高いと感じるかもしれません。

でもそれは違います。もっと身近なものなんですよ。

先日、教室に通う生徒さんからこんな話を聞きました。。

職場で挨拶をする機会があって、最後におじぎをした。

すると、皆からおじぎがとても綺麗だったと褒めてもらった。

挨拶自体はどうだったんだなどと野暮な事は聞きませんでしたが。

さて、どうでしょうか?ささいな事ですが、こんな所にも茶道の稽古が活かされています。

小学生ならともかく、30代、40代・・・・と年を重ねるにつれて

おじぎを指導してくれる人は中々いないと思います。

そもそも正しいおじぎを習った記憶はありますか?

少なくとも私は、稽古以外で誰かに教わった記憶はありません。

おじぎは、角度は何度だとか、丁寧にすればそれでいいというものではありません。

おじぎをされた方が思わず「ありがとう」と言ってしまうような、そんなおじぎがしたいですね。